法律

sokushu201509保証人を頼まれたときのうまい断り方

「保証人になってくれないか」と親友や親族から頼まれたら、あなたはどうしますか?
いざのときは、自分が借りてもいない金を返済しなければならないのです。そして、もしかしたら家族を路頭に迷わせることになるかもしれません。家族の生活や自身の今後の人生を考えると、簡単に保証人になることを承諾できないはずです。 そうであれば、大切な人から保証人になってくれと依頼されても、大抵の人は断らざるを得ないのが実情だと思います。
pdf-icon見本「保証人を頼まれたときのうまい断り方」
A5判/本文32頁/ISBN 978-4-907196-50-8/500円+税


 

中小企業の営業・業務支援、社員の自己啓発教材、印刷デザイン